ライバルの上を行くランチェスターガイド

歴史上の人物とランチェスター戦略

現代のビジネス構想でランチェスターは欠かすことの出来ないものと言えます。
事業成功のためのヒントを「ライバルの上を行くランチェスターガイド」で見つけてください。

 

俗に「一騎打ちの法則」とランチェスターの「第一の法則」というのは、呼ばれてます。

 

式に第一の法則を表すとMo-M=E(No-N)というものデス。
Mは味方の残存兵力数、Moは味方の初期兵力数、Nは敵の残存兵力数、Noは敵の初期兵力数、そしてEは交換比といわれるもので武器の性能の割合比です。

 

そこで上記の式より初期兵力数が少ないほうはE武器の性能が同じであると仮定すると、全滅をするという単純なものです。

 

秀吉は、敵が一兵でも味方の兵力数と比較をし て、多い場合には、戦いを決してしないという鉄則を守ったおかげで、連戦連勝でした。なお、織田信長は、奇策やアイディアの 持ち主で独創的戦略に長けてましたが、ずば抜けた今川義元という兵力の上洛の際、桶狭間という場所で兵力を分散させた今川義元の兵力情報を入手し局地戦を行ったのは、これは弱者 の法則のように見えますが、実際の所は信長の場合、この法則が当てはまるのか。
過去のGMとトヨタやフォードと日産の販売競争がその例で、75%以上のシェアーを2社で押さえてしまうという一大寡占状態の場合、一騎打ちの法則に一位と二位の集中競争に占められ、支配されてしまいます。

 

それではこの第一の法則とは、どういうものなのかというと、これは古代の戦闘を思い描いて下さい。
武器でも弓とか矢とか盾といったものを使った戦いです。コレが「一騎打ちの法則」というもので、一人を一人が狙い撃ちする戦いです。

 

兵力数ではその後の長篠の戦では、負けてたものの、その当時に存在してたあ武器の性能比(騎馬と鉄 砲3段撃ち)を知ってた織田信長の勝利に終わることが出来たのです。

 

最もこの第一の法則を多用したのは、豊臣秀吉です。家康・織田信雄の連合軍と小牧の戦いで戦った際、相手の兵力数のほうが多かったので、 兵力を蓄えることにさっさと和睦し、専念しました。また、4万の小田原勢に対し小田原攻めでは30万という圧倒的な兵力で城を囲みました。

 

ランチェスター戦略について実際のところあまり理解していないんだけど…」と悩んでしまっている方もいるでしょう。
全くロングテールについて知らなくても問題なく、口コミ情報やロングテールの情報サイトをまず最初は参考にされてみてください。

 

今現在貴方が求めているのは当たり前のことですが、ランチェスターについての的確な情報のハズです。
インターネットを利用することがもしコンテンツSEOについて情報収集をしたいのでしたら得策です。

 

ランチェスター戦略の体験談やクチコミなどをインターネットで簡単に見つることが出来る便利な世の中になりました。
まず最初はネットで勉強をしておき、ロングテール戦略についての基礎的な知識というのは非常に大切なことなのです。

 

貴方がこの記事にたどり着いたということは、ランチェスター戦略に関することを調べているのでしょう。
ネットの世界には参考にするべきサイトが多数ありますので、まず最初はファインダビリティの基本的な知識を学ぶことが大切です。


 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ